結婚がすべてではない?

よく聞くフレーズですし、うるさい親御さんにそう言っている方も多いのではないでしょうか?確かにいろんな考え方や価値観がありますので、これを否定するものではありません。 まぁ〜親の立場からすると、結婚してようやく子育てにピリオドが打てた気がするのは事実です。逆を言うと結婚していない子供のことは、いつまでも子供として気になる存在だということです。「結婚しろ」と口うるさく言われる親御さんがいらっしゃる方は、そう思ってのことと大目に見てあげてください。

実際には

ほとんどの方が、まだ結婚の2文字が現実味を帯びていない時期には「いずれ結婚するつもり」と9割の人が、男女を問わず答えています。
ところが、実際に目の前に結婚がぶら下がってくるとなかなか結婚までのゴールが見えない。
仕事も忙しいし、面白くなってきたし、同性の友達と遊ぶのも楽しい。異性との交流は、構える自分がいて疲れる。こうなってくると、先ほどの「結婚がすべてじゃないし」がピッタリな言葉に思えてくる。
といこういう構図があるようです。

理想の相手がいれば・・・

女性の方に多いのが、「結婚がすべてではない」ということは、「結婚も一つの選択肢ぐらいでいいの」と考えている方です。
また、30代前半の男性も仕事の忙しさで、女性とのお付き合いをしている余裕がないと思っている方も多い。なぜかというと、35歳くらいまでに結婚すればいいからと思っているからです。
どちらの男女にも共通して言えることが、このページのタイトルにもなっている「理想の人がいれば・・・」と思っておられることです。じゃ、理想の相手は、いつ現れるのか!どこにいるのか!探しているのか?ということで、男性にも女性にもお勧めしたいのが恋愛癖をつけましょう。もしくは、身近に異性を感じておきましょう。ということです。

女性の方へ

白馬の王子様や熱烈なプロポーズを期待している人には、申し訳ないのですが、最近の男性は、できれば女性からプロポーズしてほしいと思っている男性が多いことも知っておく必要があると思います。
自分が求める理想の人は、具体的にはどんな人なんでしょう。収入が多い男性は、忙しく家事や育児を手伝ってもらうことを望めないことも考えておきましょう。実際には、男性と接してみることで、人柄や価値観が合うかどうかなど、自分の理想を確認してみましょう。

男性の方へ

あっという間に35歳になってしまうのが、仕事の忙しい男性の常です。
婚活なんてと思っている方も、35歳になったからといきなりお相手は見つかりません。最近では女性の考え方も変わってきています。自分がすべてを抱え込む覚悟がなかなかできない方も、女性と接してみることで、意外にしっかりと自分をもった女性が増えてきていることも感じていただけることと思います。

結婚の形

これが理想の結婚!というのはありません。
ある作家さんが、結婚は恋愛の最終段階だけど日常だから面白くないと言っていましたが、自分たちで自分たちの日常をつくるのが結婚ではないのでしょうか?とおばちゃんは考えました。

Designed by CSS.Design Sample