お金

お金に換えられないものがあります

福岡の宗像市、福津市の方を中心にご縁のお世話をしているブライダルサロンPineのカウンセラー安永です。結婚は、生活です。と私がよく書くフレーズですよね。だからこそ、年収って気になる部分でもあります。で、実際に結婚している人間からいうと今男性がいくらもらっているか、よりもあなたにいくら使わせてくれるのか?のほうが大きい問題だと思いますよ、というお話です。

お問合せ

年収が多い男性は、結構共働き希望の方が多い

仲人のお仕事を始めて驚いたのは、年収の多い男性ほど、女性にもある程度のステータスを求めるという現実です。家事手伝いの方を選ぶ方は、ほとんどおられません。今のこのご時世、できる男性ほど、できる女性を求めているようです。ステータスがあるということは、女性もある程度の収入がある方がほとんどです。対等に話ができる、もしくは、できる男性がどれだけ大変かを理解してくれるできる女性がいれば満点なんでしょうけど、それもままなりません。

女性の中には、年収の多い方と一緒になれば、安泰。自由に使えるお金も多いと思っておられるかもしれません。実際に高収入の男性と結婚した経験者に聞いてみると、お金の管理を一切任せてもらえず、生活費だけを渡されて、月に1度は、家計簿の検査があるなんて言う人もいました。

案外お金の管理をしたがる男性っているんですよ。女性の稼いだお金も勘定したがる旦那様もいて、「奥さんの稼いだお金は自由に使っていいよと言ってくれる男性がいいよね。」とおっしゃっていました。

昔のお見合いの釣書は、年収なんて項目ありませんでした

お見合には、釣書がつきものです。今のお見合いシステムでいうところの「プロフィール」ってやつですね。私たち連盟に加盟している仲人の扱うプロフィールは、年収の証明書をいただいて、年収をきちんと表示することが男性に義務付けられています。ちまたの「ご近所仲人」さんは、いまだに年収の欄はない釣書が当たり前です。

かく言う私も夫のお給料なんて結婚して初めて知りました。もらった額の中でどれだけ上手にやりくりできるかが、女性の腕の見せ所です。それに、今でも若い男性の年収は、300万円前後ですが、子供を2人育てている若い女性は、たくさんいます。

私たちが子育てしていた頃に比べると、今は、子育てもお金がかかるとは言いながら、幼児教育も無償化、高校まで無償化なんて夢のようです。子供の医療費も随分大きくなるまで優遇されています。

あまりにも、頭でっかちになって、どんな生活がしたいとかそのためにいくらかかるというようなこともわからず、ただただ、年収が多くないとやっていけないと思い込んでいると、ますますご縁から遠のくばかりです。

 

まとめ・・・年収は、確定したものではありません

男性の年収は、多いに越したことはありません。余裕のある生活をしたい、デパートで買い物ができる暮らしをしたいという女性もいました。そんな風に実際に、自分の結婚生活を具体的にどんな生活レベルで暮らしたいか想像したことってありますか?

ディスカウントストアを利用することに抵抗のない方、同じものが高くてもステータスを重視する方、いろいろだと思います。実家暮らしの方は、生活そのものすら経験していない女性もいるので、いざ、生活レベルといわれてもわからないという方もおられるのではないでしょうか?

ここでまた、いつもの「結婚は生活です」が出てきます。一緒に生活しやすく、楽しく気を張らずに暮らせる、お金はある程度あれば大丈夫なものです。だって、福岡の平均年収は、450万円くらいなんですから。多い人も少ない人もいますから、少ない人のほうが多いのが統計の常です。まぁ~、お金は多くても邪魔にはなりませんものね。多いほうがいいと思っちゃいますよね。

それに、男性も常に健康でずっと稼げるというわけでもありません。健康のリスクや自分と同じスピードで年齢を重ねていけるほうが、生活プランは立てやすいので、年齢が近ければ、年収は、少し差し引いて考えて、フィーリングが合っているなら前向きに考えるのがお勧めです。私も経験しましたが、夫の勤務先の都合で給料やボーナスが上下することもありますから、年収は、確定したものでないことは頭の隅に置いておいてください。

結婚をしたいと思っている方は、自分が楽でいられる人、日常を一緒に歩いてくれて寄り添い合える人を探しに来ませんか?結婚したいと思っている人がいる場所が結婚相談所です。

#結婚相談所
#婚活パーティー
#お見合い