ギフト

ギブアンドテイク

福岡の宗像市、福津市の方を中心にご縁のお世話をしているブライダルサロンPineのカウンセラー安永です。40代になったばかりのY子さんは、目の大きな笑顔のかわいい、ポジティブな女性です。彼女からのご相談は、「働きたくないから結婚しようと思って」という内容です。あなたは、どう思いますか?

お問合せ

働きたくないから結婚ってありなの?

これってなんだか、肯定していいのか悪いのか?ってためらいがある方も多いのではないでしょうか?

おばちゃんに言わせていただくと「これは、大ありです!」一昔前の話を持ち出すと、今の話をしているのに、と思われるかもしれませんが、考えてみてください。

女性が職業につかなかった頃は、お嫁に行くことがお仕事みたいなものでした。結婚は、「永久就職」なんて呼ばれた時代もありました。親元から離れて嫁ぐことが、自分の口を養う唯一の方法だったのです。つまり、お仕事の選択肢を結婚にも広げたと考えれば、わかりやすいと思います。

現代の女性は、ほとんどが就職して自分でお金を手にする機会を与えられるようになっています。なので、結婚は、個人の生き方の選択肢の一つくらいに考えてよいような気がしますが、その実は、どうでしょうか?

実際のところ、数十年後は、「貧困女子」が想像以上に増えるといわれています。どうこう言って、一人で生きていくだけの稼ぎがある女性は、ほんの一握りの方なのです。実家暮らしで、200万程度の稼ぎでは、将来親がいなくなったら、家賃を払って、生活全体を自分でやっていくのは、大変なことです。

自分が男性からのニーズが高いうちに結婚して、暮らし向きを安定させるという考え方は、ライフプランを立てる上で大変有効な手段です。

ちょっとだけ、おばちゃんから言わせていただくと、男性だけに頼りっぱなしだと、夫に何かあると大黒柱が倒れて家が倒れるという事態が発生します。ですから、子供の手が離れたら、何か自分でもお金を得る手段を持っていたほうが、いざというときに安心です。

愛される女性になりましょう

働きたくないから結婚するのは、生き方の選択肢として大正解です。ただ、収入だけを見て結婚を決めるのはなかなか難しいことです。ご相談いただいた彼女は、とっても視野が広い女性で、根っからのポジティブさんですから、年齢差は、一回り上くらいまでOKといってくださったので、お見合いは、たくさんできています。

だけど、いざ結婚となると実は、難しいということに気が付いたようです。「生理的に無理」と思っちゃう方とか、匂いが嫌とか、価値観が違うとか、やっぱり人と人が同じ屋根の下に住むとなると許容できるかどうかは大きな問題です。

結婚してお金を自由に使わせてもらえる人がいいんです。という彼女。男性からお金を惜しみなく出してもらうためには、自分のことを好きと思ってもらうことが重要です。彼から「彼女が、喜んでくれるなら惜しくない」と思ってもらう。そのためには、彼のために自分ができることは、喜んでやってあげることも必要です。

出会う機会があるって素晴らしい

活動する中で、彼女の言った、「今までは、ご縁の機会すらなかったのに、会えるだけでもすごいことだと思っているんですよ」という彼女なら、近いうちにこの人と思える方と出会えることと信じています。

結婚を考えた人と出会える場所が、結婚相談所です。先に結婚があるから、安心してお付き合いできるのです。

#結婚相談所
#婚活パーティー
#お見合い